スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
語る
ご無沙汰です。

1ヶ月間、更新していなかったんで何書いていいかわかりません。。。

リアルもメイプルもいろいろありましたが、入り方がいまいちよくわからないので




とりあえず、

ワサビについて語ります。



わさびとは、まあ、皆さん知っての通り、日本原産であり、なおかつ我が国が世界に誇る香辛料でございます。アラブナ科のワサビ属の植物です。
わさびといえば、あの、鼻にツーンとくるやつですよね。あの原因はわさびの中にある酵素なんです。
でも、その酵素はワサビをすりおろさないと働かないんです。
つまり、ワサビを丸ごと食べても、辛くは無いんです。まあ、噛みまくったらどうなるかは知りませんが。
ちなみに、市販のわさびは粉ワサビと練りわさびがあるんですが、粉ワサビと練りワサビじゃ原料が違い、ツーンとくるのは練りわさびの方、原料は本わさび。普段見かけるワサビです、粉ワサビの方は大根とかを着色しただけ。まあ、粉わさびはソバとかに使われるとか。
ちなみに、あのツーンとする酵素が発生するのはすりおろしてからの3分だけなんです。
でも、すりおろしてから3分ってことはチューブや袋に詰めた自体でとっくに終わってるはずじゃあ・・・って話になるんですが、その問題を解決し、ワサビをより家庭に浸透させたのが小林元次っという人です。
この人は家庭でもワサビを味わってもらおうと粉わさびを作り大ヒットさせたんですが、これでは前に書いた通り、ツーンとした刺激がなくなってしまう。この、なんとも言えない刺激を皆に味あわせたい。
そんな思いが通じたのか、すりおろしたワサビを瞬間冷凍することで、その酵素が反応するのを防ぎ、チューブに詰め、空気に触れた瞬間に酵素がまた発生するようにできたんです。
ちなみに、わさびには強い殺菌作用があったりして防腐剤とかにも使われてたり、刺身がいい例で臭みを消すこともできます。
でも、刺身を食べる時に注意して欲しいのは、ワサビを醤油に直接入れてワサビ醤油にしてしまうこと。ワサビ醤油にしてしまうとワサビ本来の風味が損なわれてしまいます。これはソバつゆにワサビをいれてしまうのと一緒。刺身やソバ自体にワサビを乗せて召し上がってください。

大体、僕が知ったのはこんくらいです。ホンダ提供の未来想像堂での知識がほとんどですね(´・ω・`)
間違った知識もあるかもしれませんので、僕みたいに人前で言わないように(*ノωノ)

とにかく、わさびは史上最高の薬味。ふりかけのワサビもふりかけの中で異色の存在。
薬を一発キメてる奴は、わさびのつーんをキメればいいのに。
以上。
uh


続きを読む
スポンサーサイト
【2008/09/25 21:32】 | +めいぷる | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。